シトルリンについて記載しています。シトルリンとはアミノ酸の1種で1930年に日本国内でスイカから発見された成分です。

2007年になってようやく日本ではサプリメントなどの健康食品素材として認められる様になったシトルリンですが、欧米では以前から既に使用されていました。特にサプリメント大国のアメリカでは血流改善、動脈硬化症予防や精力増強サプリメントとして注目されていて、ヨーロッパでもシトルリン−リンゴ酸塩が疲労回復の医薬品として販売されているほどです。

シトルリンには全身の血管を強くしなやかにする作用があると言う事が知られています。血管が健康な状態に維持出来ることで全身にくまなく充分な栄養素と酸素が運ばれます。動脈硬化症とは血管のしなやかさがなくなりぼろぼろの状態になる事なので、シトルリンの動脈硬化予防効果には特に注目したい所です。

人の血管は年齢とともに劣化していきます。したがって高齢者にとって健康を維持するための成分としては非常に有効的です。またシトルリンには高い抗酸化作用があり、体内の細胞の劣化を抑制してくれる事も知られています。

活性酸素は人体にとってなくてはならない物質ですが、副作用として身体の中のサビを作ると言われているように細胞の働きを鈍らせ、様々な悪影響を及ぼしてしまいます。過剰な活性酸素を速やかに除去してくれるシトルリンサプリメントは若返りや美容のサプリメントとしても注目されています。

またシトルリンは精力剤としても知られています。疲れが溜り易い、あるいは疲れが取れない、やる気が無いなどの時にも効果があるだけでなく、日常的に摂ることで疲れにくい元気な身体を作る事が出来るのです。

この他にもシトルリンには様々な身体にとって良い作用があります。シトルリンを摂る事でいつまでも若々しく元気で美しい身体を手に入れましょう。正しく服用すればその効果が実感出来るはずです。日本で発見されたシトルリンの効果をこのサイトを通じで深く知り、読者の方の健康増進の一助になれば幸いです。